ロンドン、ヨーロッパ一の超高層ビル・展望台がオープン

 



イギリス・ロンドンで2月1日、ヨーロッパで最も高い超高層ビルの展望台が一般公開された。

ロンドンの中心部に、2012年に完成した高さおよそ310メートル、95階建ての超高層ビル「シャード」は、ガラスの

破片をイメージしたデザインで、244メートルの高さの72階、360度のパノラマ展望台からはロンドンの景色を一望

できる。展望台には、最新の展望装置が設置されている。

2月1日に一般公開された展望フロアの入場料は、日本円でおよそ4,300円で、今週末分はすでに完売したという。

このビルは、1995年に世界文化賞を受賞したイタリア人建築家のレンゾ・ピアノ氏の設計で、パリのポンピドゥー・

センターや、関西国際空港ターミナルなども設計している。


同超高層ビルはロンドンの新たな観光名所として注目を集めている。















展望台からの景色

 

(同超高層ビル・展望台の動画)

 



ヨーロッパ超高層ビル・ランキング10


1位 「シャード」(310メートル、2012年完成):イギリス・ロンドン
2位 「モスクワ・タワー(Moscow Tower)」(302メートル、2010年完成):ロシア・モスクワ
3位 「ナーベレジナヤ(Naberezhnaya)」(268メートル、2007年完成):ロシア・モスクワ
4位 「トライアンフ・パレス(Triumph-Palace)」(264メートル、2005年完成):ロシア・モスクワ
5位 「コメルツ銀行タワー(Commerzbank Tower)」(259メートル、1997年完成):ドイツ・フランクフルト
6位 「サンクトペテルブルク・タワー(St Petersburg Tower)」(257メートル、2010年完成):ロシア・モスクワ
7位 「メッセタワー(MesseTurm)」(257メートル、1990年完成):ドイツ・フランクフルト
8位 「トーレ・カハ・マドリード(Torre Caja Madrid)」(250メートル、2008年完成):スペイン・マドリード
9位 「トーレ・デ・クリスタル(Torre de Cristal)」(250メートル、2008年完成):スペイン・マドリード

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system