世界一の超高層ビル・展望台「ビクトリア・ピーク」


ヴィクトリア・ピークは、香港の観光地となっている山で、世界一の超高層ビル群の夜景の名所として知られる。年間700万人以上が眺望や

夜景を求めて世界中から訪問している。

香港島の西部に位置し、標高は552メートルで香港島最高峰である。山上からは香港島や九龍の超高層ビル群やヴィクトリア・ハーバー、周囲

の島々などが一望のもとに見渡せる。

イギリス人は、19世紀半ばに香港がイギリスの植民地となって以来中国人が太平山と呼んでいた山の頂上に、ヴィクトリア女王の名にちなん

でヴィクトリア・ピークと名付けた。最初は富裕な西洋人と外国政府関係者だけの別荘地に、後には観光地となり現在に至っている。

 1888年にピークトラムというケーブルカーが敷設されてから、別荘地・観光地へと急激に発展してきた。

ヴィクトリア・ピークは香港一の観光地であり、19世紀末にはすでに山頂の周囲にはホテルが建てられていたが、1972年にはピークトラムの山頂

駅に、展望台・レジャーセンター・ショッピングセンターの複合施設であるピーク・タワーが完成した。1996年には観光客の増大に対処するた

めで2代目のピーク・タワーが竣工した。1993年には、隣接する山頂バスターミナルを改造してライバルとなるピーク・ギャレリアが完成した。

また1976年には、獅子亭という亭閣が完成し、眺望を楽しめるようになっている。

ピーク・タワー

獅子亭・展望台

(超高層ビル群・夜景・日中の展望)

(裏側の眺望

ピークトラム





inserted by FC2 system