ギャラリー56集(スイス・アルプスの秘境・ソーリオ)


 スイス東南部、マローヤ峠からイタリアのキアヴェンナまで約1500mの標高差を下りながらのびるブレガリア谷の奥にある秘境。

その高台にある小さなソーリオ村は、セガンティーニやヘッセ、リルケなどが愛した美しい隠れ里である。

林立する3000m級の険しいアルプスの山々と緑あざやかな牧草地の間に石の屋根と煙突が特徴的な家々が並ぶ小さな村は、

歩いて約20分でまわれる。

現在ホテル・レストランになっている「パラッツォ・サリスPalazzo Salis」は、17世紀頃の装飾が残る貴重な歴史遺産で、各国から植物を集め

てきたといわれる庭園でも有名。ソーリオからカスタセーニャの間にはヨーロッパ最大級の栗林があり “カッシーネCascine”という小屋で栗を乾

燥・薫製にして保存する伝統が残っている。

 







 

 

 

 
























 

inserted by FC2 system